交通事故に遭ったことがある方へ

交通事故は怖いですね。交通事故を起こしたい人は誰もいません。しかし、横着な運転や歩きスマホなど、事故の原因となるものは、あちこちにあります。交通事故に巻き込まれないためにも、ここで紹介している交通事故の体験談を読んで身を引き締めましょう!

交通事故の体験談、どうぞ!

青信号を歩行で渡っていたら、同じ方向から来て右折をしようとしていた乗用車に轢かれました。 結構なスピードが出ており、轢かれたときに倒れてしまいました。 車はそのまま走ろうとしていたので、立ち上がりダッシュでその車を捕まえました。 救急車で運ばれ人身事故扱いにし、加害者から「もう少ししたら子供が生まれる」というお涙頂戴ストーリーを効かされました。 加害者とのやり取りが面倒でしたので全て警察官の担当に任せて処理もお願いしておきました。


バイクに乗っていた私が直進で交差点に進入したのですが、対向車線から右折してきたタクシーと衝突しました。転倒しバイクから投げ出され、腰を打ち、手首にひびがはいりました。 自賠責保険だけで、任意保険には入っていなかったのですが、運転手が免許停止になると気の毒かと思い物損での届にしておきました。当然タクシー側の前方不注意で保障されると思ったのですが、タクシー会社のこわもての交渉係が話し合いの席に来て、こちらに過失があるかのようにすごんできたので、いったん交渉を打ち切り、改めて知り合いの保険業者を通して、人身事故での届に変更すると伝えたところ、態度が急変し、医療費、バイクの修理代共に全額補償になりました。 任意保険に入っておくべきだということと、うかつに相手に情をかけることも出来ないということを知りました。


自転車で横断歩道を走行中に、左折してきた車に接触されて転倒しました。 腹部に打撲があり、救急搬送。外傷はなく、仕事の都合などでその後通院はしませんでしたが、痛みは一か月は続きました。事故車 買取に出す羽目になってしまいました。。事故後、相手車の任意保険の担当者の対応が遅く、イライラしました。相手方は100%責任を認めていて、こちらは完全に被害者の立場なのに、わざわざ電話をして督促しないと書類も送ってこないって、どういうことでしょう。 こちらも意地になって、衣服の破損や交通費など、請求すべき費用は10円単位まで精査してリストアップしました。事故後の保険会社の不誠実な対応によって、実際の物理的・身体的なダメージ以上に嫌な思いをしました。


父の運転する車に家族全員乗っていたときのことです。父が私たちの顔を見ようと振り返った時、前方に軽トラックが停車していたのに気付かず、衝突しました。父は重傷で、入院と手術をしました。母は前歯が4本折れてしまいました。保険が下りたので、医療費などは心配なかったのですが、父は後遺症がしばらく続き、母は差し歯になってしまい、その後の生活に不自由しました。車が廃車になるだけならばまだいいのですが、身体に傷が残るのはつらいです。


信号待ちをしていたところ後ろから追突されました。ぶつかってきた相手は携帯を見ていたようで前を見ていなかったと言っていました。幸いにもぶつかられた損傷は少なく相手も同い年の女性で比較的話のしやすい感じの人でした。ただお互い初めての事故だったのでどうしたら良いかわからず警察には後日2人で時間を決めていき、事故証明を書いてもらうことになりました。苦労したのは相手となかなか連絡がとれずに何回も連絡した事です。警察に最初に連絡していたらこんな事にはならなかったのにと、本当に勉強になりました。後日相手の保険会社とこちらの車を入庫した修理工場の間で話がすすみ、特に何の問題もなく車もきれいになって戻ってきました。


私がバイクで前を走っていると、後ろからきた乗用車に追突されました。 私はバイクから転倒して骨折全治2か月、相手はむち打ちで全治2週間でした。 目撃者がすぐ救急と警察に通報してくれましたが、相手の方は外国人で話が上手く通じない事もあり、私にも非があるような感じになってしまいました。 しかし幸いにも目撃者の方が全て説明してくれたおかげで、私に非が無い事が認められ、治療費も支払ってもらえました。 事故後に苦労したのは、やはり相手の方と言葉が通じないので保険屋さんも「もしかしたら支払わず逃げるかもしれない」と言っていた事です。 相手は相当支払いをごねたようで、結局事故時に対応してくれた警察官の方から話をしてもらい、事故から半年後にようやく払ってもらえました。


対向車が雨でスリップ?してこちらに向かって来て、そして私の車と正面衝突しました。不幸中な幸いのことに、対向車はゆっくり向かってきましたので、私も「うわ!来るー!避けれんねー」とは思いつつも、道路端へと進みましたので、正面衝突とは言いつつも真正面からドッカーンと当たらなかったところは良かったです。けれども、このような交通事故であっても、こちらの過失は「1」ととられたのは、かなり納得は言っていませんが。「私0:相手10」でしょとは思っていますが。


冬にすれ違えない道路で正面衝突の事故でした。 初めての事故でテンパってしまっていたのと、相手の方が急いでいるのでということで、警察を呼ばずお互いの携帯の番号と名前と住所を交換して、その場を離れたのが間違いでした(((^^;)その後知り合いや家族にすぐ警察を呼ばないのは間違いだ!と言われてからバタバタと警察に行きましたが、事故後にすぐ警察を呼ばなかったことで、雪道は溶けた状態になり、現場状況を確認できず、その後の保険の手続きにとても時間が掛かりました。あのときに、すぐに警察を呼んでおけばと今さら後悔しています( ;∀;)


社用車で患者を送迎中、前の車が黄信号で止まり、反応しきれず衝突しました。初めての人身事故、かつ社用車での事故だったこともありパニックになっており、そこで警察に囲まれて実況見分するのがとても緊張しましたし、何を言っているのか分からなくなりました。 途中、会社の上司が来てくれ手続きなどをしてくれましたが、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。会社側は気にしなくていいと言ってくれ、保険会社に任せましたが、やっぱり自分の罪悪感がなかなか消えないことが苦労しました。


今から3年前の冬の通勤途中のことです。片側1車線の道路で路面が凍結していたので、十分余裕を取って左折のウィンカーを出して減速し左折し始めたときに、後ろから追突されました。こちらの車両は軽の1BOXで相手側は普通車のセダンでした。こちらは車が反転して横転。相手側はフロント大破。事故の原因は、相手側の車間が狭かったことと、路面の凍結によるスリップでした。相手側の主張は、前の車が急にブレーキを踏んで左折した・・・とのこと。結局、後ろから追突した方が悪いことになりました。しかし最後まで、謝罪の言葉もありませんでした。こちらの車は修理不能でしたので、相手の保険で同程度の車を用意してもらいました。最後に、この事故で相手の態度の悪さに大変不快な想いをしました。自分が加害者側になってしまったときは、誠意をもった行動しようと思いました。


車同士で信号待ち中に後ろから追突されました。 県境にかかっている橋の入り口です。 お互いけがなどはなかったのですが、会社から帰宅するときだったので、交通量も多くてその場に車を止めておくわけにはいかず、Uターンもできないし、でも近くに止めておけそうなところがなかったので取り敢えずそのまま直進して橋を渡り、橋の先の交番に行きました。 交番について事故したことを伝えると、場所が橋の向こう(別の県)だからそっちの交番に行ってくれと言われてまた橋を渡り、交番に向かいました。 事故した県の警察が事故処理をすることを知らなかったので無駄足になってしまって大変でした。


友人の運転する車の助手席に乗っていて、雪道の中友人がこちらを見て話ながらよそ見運転をしてしまった為、ハンドルがとられ雪でかなりの距離をスリップし、民家の大きな岩壁にぶつかってしまいました。エアーバックが出てきて車はフロントガラスも横のガラスも割れて、車の前部分がぺちゃんこになりました。事故後は民家の方たちと話し合って保険会社と警察に連絡をしました。友人は、人身扱いにはしないでほしい感じでしたが、私はアザができてむち打ちが少し酷かった為接骨院にしばらく通いました。接骨院に通うのに、保険会社と友人の説得が大変でした。


住んでるのが北海道なんですが、冬の季節に仕事帰りにものすごく吹雪いてて交差点で左折しようとしていたら車に突っ込まれ交通事故に遭いました。事故後に苦労した事は、その事故の1ヶ月後には成人式があるんですが、顔には車のガラスに顔をぶつけたせいで、切り傷が少し残ってて大切な成人式だったのですが、写真には切り傷が写ってる状態で少し嫌だったのと、体全身を強く打っていたので歩いたりお風呂で体を洗う時とかが痛くて大変だったのと、病院に通院してたんですが近くに病院がなくて車に乗って1時間掛けて通院するのがとても大変でした。


自転車で横断歩道を走行中、左折してきた車と軽く接触してしまいました。私の足にとんっと車が当たり倒れてしまったくらいなので軽い怪我で済んだことは幸いでした。相手の方も悪気があったわけではなかったのでその後の対応はスムーズでした。しかし、すぐに病院に行くことがスケジュール上難しかったので後日行く羽目になってしまいました。そのため、わざわざ警察署に行ったりしなければならずその辺りのことは色々と面倒でした。どれも短時間で終わるものだったのが余計面倒だった印象があります。


正面衝突になるのかわかりませんが、自分が直進で相手が右折で接触しました。 時間帯は朝で出勤前でした。 お互い急いでいたのもあり過信しました。 信号は青で直進の道でスピードはそこそこ出ていて前方に車は見えてましたが右折のウインカーを出してたのですが、まさか今は前に出てこないだろうと思い直進すると、急に右折してきたので左によけましたがぶつかりました。段差があり田んぼに入り横転しました。車が逆さまむきました。 ただ田んぼでクッションになったのもあり、シートベルトしてたので怪我も大したこと無く、保険で事故後の対応は問題なくすみました!


両側2車線の交差点を横断しようと、信号待ちをしておりました。青になったので、そのまま自転車で進もうとしたところ、信号無視をしてきた乗用車(時速30km)に自転車ごと、交差点中央まで跳ね飛ばされました。救急車で運ばれました。全身打撲で自宅で1週間ほど寝たきりでしたが、幸い頭部への負傷もなく、一部足には筋肉の壊死した部分が残りましたが、日常生活への支障はありませんでした。事故後は、相手方とすべて母が対応し、保険などのやりとりもしてくれましたので、私はノータッチでした。未成年だったからです。母と保険会社とのやりとりを見聞きしておりましたが、さほどもめる様子もありませんでした。私自身、軽症で済んだからだと思います。これが何か後遺症でも残ることになっていましたら、少し違ったのでしょうが。。


小学4年生の時に(当時10歳)、西鉄バスと接触事故に巻き込まれ、病院に運ばれ一ヶ月間入院し、右脛骨折と右脚の成長障害が残りました。 自分は、後ろから衝突され意識が朦朧としていたので、事故の状況の説明が上手くできずに苦労しました。事故対応をしたのは、親だったのですが、膝に障害が残る可能性があるとの説明を医師から受けていたので、今後どのような症状が表れ、金銭的な事も心配だったので、バス会社から示談を要求されていたのですが、示談はしませんでした。11年後、右足が左足より、6センチ短くなる障害が残り、示談をしてそのお金で、骨延長術を行いました。


自動車との接触事故にあいました。(私は歩行者扱いです) スーパーの駐車場からバックして出てきた車に当てられました。 大けがではなく、腰の辺りを車の後ろの部分にボンと当てられたのです。 相手は高齢の男性で、車から出てくるなり私に財布を見せて「すまない、財布の中の金は全部あげます、だから警察だけは勘弁してくれ。」と連呼する、誠意のかけらもないおかしな人でした。 近くの交番へいっても、近くに総合病院はあるのに、この時間にあいている病院は知らないと、警察にあるまじきことを言われました。 夕方遅くに病院にかかりましたが、その晩から腰から下は痺れるようになりました。 相手の保険会社も誠意の欠片もなく、「事故で病院にかかるのは三ヶ月までなんですよ。それ以上の保証なんてありません。あはは」と何回かリハビリに通った私に、そんな電話を何回もかけてくる人でした。 誰もの対応がおかしく、私は頭がおかしくなりそうでした。 私に残ったのは、痺れてすっかりおかしくなった足腰だけです。


自転車に乗っている時に、T字の曲がり角で車と接触しました。民家が連なる場所で、当時は夜でしたが雨が降っていて視界も悪く見にくい場所でした。幸い私自身軽症で済みましたが、相手の方は凄く親切な対応をしてくれました。すぐに警察を呼んでいただき、保険屋もきていただきました。軽症でしたが、2日仕事を休んでしまい休んだ分を取り戻すのが大変でしたが、治療費もすべてきちんと払ってもらい事故はしましたが一応何事もなく終わったことに安心しました。


近所のスーパーい駐車して買物をしている時、ある女性から、あの車はあなたのですか・・・と聞かれました。何かと思いよくよく聞いてみると、駐車場でバックしている時に私の車に接触してしまったとのことでした。さっそくみに行くと、見事にバンパーがベッコリ。相手の女性に聞いてみると保険で処理したいとのことだったので、すぐに警察を呼び現場検証。警察の方が来ていろいろ書類をつくって、後は当事者同士でお願いします・・・ってかえって行きました、ちょっと困りましたね。当事者同士っていわれても、あまりこんなことに慣れていないのでどうしていいのか。でも相手方の保険会社にそこから電話してもらったら、あっというまに100%こちらが悪かったということで、修理の話がつきました。慣れていない分どうしていいか困りましたが、今思えば、すぐに保険会社に相談するのが良いと感じました。


駅前の歩道を歩いていたところ、小学生の男の子が乗ったマウンテンバイクがすごい速度で走ってきて轢かれました。 たかが自転車ですが、ブレーキのかかっていない状態のマウンテンバイクに男の子の体重が重なって、衝突の衝撃はかなりのものでした。 恐らく一部の大人であれば、親を呼びなさい!と叱るところですが、 幸い手のひらのかすり傷とお尻を打っただけで済み、お尻も骨の痛みはなく打ち身で済みそうだった事、 男の子がごめんなさいごめんなさいときちんと謝ってきた事を鑑みて、相手に怪我がないことを確認してそのまま別れました。 親がそばにいない子供の起こした交通事故は対応が難しいなと思いました。


片側2車直進道路の左側車線を走行。左側の駐車場へ進入するため、ウインカーを点け減速したところに、後方から来たバイク(原付)が、車両右後部に追突する事故に遭いました。バイクの運転手は幸い転倒せず、大事には至らなかったのですが、左手がバイクのハンドルと車両に一瞬挟まれた形となり、かなりの出血がありました。救急車呼ぼうっかといっても、バイクの運転手は断るし、警察呼ぼうとしても断るし。結局、その運転手、無免許運転だったんです。当方車両の傷はきっちり直してもらいましたが、無免許や無保険の車との事故は避けたいものです。当たり前の感覚で、事故対応が出来ませんから。


スノーボードに行く際に左カーブでスリップして単独事故を起こしました。その年は特別に雪が多く視界も悪かったです。まずは車の修理です。当時22歳で自分の車ではありましたが車両保険に入っていませんでした。ディーラーで約70万円、板金で約40万円でした。見積書を見るとディーラーは交換修理が多く、ちょっとした部品も新品への交換でした。板金は直したり中古、汎用品を使ってできるだけ安くする内容でした。そうお願いしたと言うのもありますが。18歳から車に乗っていますがその年から車両保険を払っていたとして計算すると、入っていないほうが安いという結果でした。他はガードレールの弁償がありました。保険があるとはいえ、人を巻き込まなくてよかったです。


赤信号で止まった時に追突されました。友人と二人で乗っていましたが、幸い怪我やむちうちなどの後遺症はありませんでした。車は後部バンパーが壊れてトランクが開かなくなりました。車を駐車場に寄せて免許証を確認したり、連絡先を交換したりして分かれました。警察には連絡しませんでした。 後日、相手から保険屋にすべて任せるという電話がありました。すぐに保険屋から電話が入り、100%相手の保険で修理してもらいました。費用は大体20万円弱だったと思います。車の修理、支払いなど問題なく終わりました。


信号の停止待ちで後ろから追突され、反動でシートに頭をぶつけました。相手が全面的に悪いということをすぐ認めて、真面目そうな人だったし、東証一部上場の名の知れた会社の名刺だったので、お互い朝の通勤途中ということで、警察を呼ばずにその場を済ませました。 相手の方が保険会社に事故を伝えたところ、警察の事故証明が任意保険は使えないと言われ、警察署を尋ねたら、何故事故のあった時に連絡をしない、今から証明書などなど出せない、警察は保険のためにあるんじゃないと文句言われたそうです。 それでも頼み込むと相手の人と一緒にもう一度来てくれということで、私も繰り出されることになり最初から警察を呼べばよかったです。


私が経験した交通事故は最近の事なのですが、スマートフォンを触りながら自転車に乗っていました。 いつも通りに自転車を漕いでいたら、スマートフォンに夢中に なり過ぎたのか前にポールがある事に全く気付かず、 おもいっきり追突してしまいました。 そして私は打ち所が悪かったのか、膝を見たら血だらけになっていて 激痛のあまり救急車を呼び病院に行きました。 そして診察を受けた私に先生が一言、傷口が大きいので縫いますねと 言われ6針を縫う大惨事な事故にあってしまいました。 自業自得なのですが、もう2度と携帯を触りながら自転車に 乗ら無いでいようと思った瞬間でした。


数年前のことです。出勤途中、家からバス停へ向かう丁字路の横断歩道を歩いている途中で、右折してきたワンボックスカーと接触事故を起こしました。最初は何が起こったのかさっぱりわからず目の前の景色がぐるぐるとまわって、腰に痛みが走ったと思い、気が付くと空から落ちてくる雨を見上げていました。道路で大の字になっていたらしいのです。ぶつかったのは車のウインカー部分と私の背負っていたデイバックが大半だったので大きなけがにはなりませんでした。それでも、ぶつかった車の運転手さんがすぐに救急車を呼んでくれて、搬送されましたるけがは足の擦り傷程度でしたが、昔脳の手術をしたことがあったので、念のためという事でCTもとりました。幸い特に大きな事故とはならず、その日のうちに家に帰らされました。  運転手さんの方はとてもいい人で、すぐに代理の保険会社を呼んでくれてお金の方は何も問題がありませんでした。また、時々家にまで来てくれて、「会社で餅つきをしたから・・・」とつきたての餅を持ってきてくれたり、お菓子を持ってきてくれたりしてくれました。逆にこちらが「そこまで気を使っていただかなくてももう大丈夫ですから・・・」というようなこともありました。  変な言い方ですが、ぶつかった相手がいい人だったのですべて無事に済んで本当に良かったです。  付け足しですが、当時私は小学校の教師をしていました。さすがに事故当日は休みましたが、次の日は少し遅れてではありましたが、出勤して授業をしてきました。子供たちは「交通事故にあった先生が次の日にはもう元気に学校に来た。先生は不死身なのか」とびっくりしていました。


私がぼうっとしている時に、車を運転していて、信号が赤だったにも関わらず、車で突進をしたことがありました。その時、青で渡っていた、相手の車に激突し、一人だけ乗っていて、その人は怪我をしていなかったので、良かったと思いました。 しかし、私のほうが一方的に悪く、そのため、直ぐに保険会社の担当の人に連絡をしました。 すると直ぐに駆けつけてもらうことが出来て、自己処理の手続きについて、全て行ってもらうことができたので、助かったと思っています。

All Rights Reserved. Copyright 交通事故に遭ったことがある方の体験談集